葬儀に纏わる情報をお届けししくらセレモニーのスタッフブログ

大和市『葬儀生前契約支援事業』 お取り扱いを開始しました

2016.07.31朝日新聞葬儀の知識

000116802

 こんにちは。せっかくの大和阿波踊りの最終日ですが大気の状態が不安定ですので急な雨にはお気をつけください。

大和市『葬儀生前契約支援事業』開始しました

 これは大和市が死後を不安に思う身寄りがいない方や葬儀の心配を抱えている市民の方々のために葬祭事業者と連携した事業です。

対象となる方の家族・親族の有無や収入・資産の状況によって支援の内容が異なります。

 

000116351-1

 

大和市が葬儀・納骨の生前契約を支援します

 葬儀生前契約を希望する対象者に協力葬祭事業者の情報を提供するなどして葬儀・納骨の生前契約を大和市がバックアップしてくれます。

 

対象者は・・

身寄りがいない単身者や高齢の夫婦のみの世帯などで葬儀を行う人がおらず生活にゆとりがない方です。
・健康保険料等を差し引いた月収額が概ね16万円以下(単身者の場合)
・本人の預貯金が原則100万円以下(単身者の場合)
・本人が所有する不動産がない
・本人の葬儀生前契約に関する意思が明瞭である

 

支援内容は・・

大和市が対象者の相談を受付して葬儀生前支援プランを提示します。
【葬儀生前支援プランの流れ】000116351-2
1.大和市は支援を申し込んだ対象者に対してこの事業に協力している葬祭事業者(以下「協力葬祭事業者」)の情報を提供します。
2.協力葬祭事業者は対象者から葬儀生前契約の相談を受け葬儀・納骨を含んだ生前契約のプランを提案します。金額は生活保護の葬祭扶助基準額(平成28年度:206,000円)以内ですが対象者本人の希望によりこれを超える金額の契約を結ぶことも可能です。
3.対象者は協力葬祭事業者と葬儀生前契約を締結し代金を支払います。契約の際には大和市の職員が同席します。
4.大和市は生前契約を締結した対象者(以下「登録者」)から生前契約の写しを入手し契約履行までの間保管します。
5.大和市は登録者に対して登録カードを発行します。
6.大和市は定期的に登録者の安否確認を行います。
7.登録者の死後葬祭事業者が生前契約に基づいて葬儀・納骨を履行します。
8.あらかじめ登録者から希望があった場合には登録者の知人などに大和市が死亡の連絡をします。

 

 000116516

 葬儀生前契約 支援事業 協力葬祭事業者リスト

 

 ←弊社はこの事業に協力させていただく「協力葬祭事業者」として大和市に登録しております。

 

この他にも・・協力葬祭事業者の情報提供や

【対象者】身寄りはあるが経済的な面で自身の葬儀の心配を抱えている方

【支援内容】協力葬祭事業者の情報を提供します。

 

法的手続きに関する相談先の情報提供も

【対象者】身寄りのある・ないに関わらず一定以上の預貯金(100万円程度以上)収入(月収16万円程度以上)があり自身の葬儀の心配を抱えている方

【支援内容】財産の相続・処分に関する手続きが必要となるため司法書士会・行政書士会等の相談窓口を案内します。

 


 

 img087

 ASA定食 7月号に掲載していただきました

今朝の朝日新聞の販売店オリジナル折り込み広告『ASA定食』に掲載していただきました。

 

大和市の元気なお店を応援しますをコンセプトにASA定食は地域のお店をピックアップして紹介しています。

 

販売店の皆様ならびに制作担当者様には毎月掲載していただきありがとうございます。 

月別アーカイブ

ご葬儀相談窓口

24時間365日対応:[大和]046-289-2828

24時間365日対応:[横浜]045-811-2828

事前相談からお急ぎのご依頼まで何でもご相談下さい

お問い合わせ

事前相談

お急ぎの方へ

人形供養

安心の会

海洋葬

葬儀後の手続き

社内スタッフを紹介します

供花のお届け

ししくらセレモニー スタッフブログ

小さなお葬式 特約加盟店