葬儀に纏わる情報をお届けししくらセレモニーのスタッフブログ

タウンニュース 10月22日号【海老名・座間・綾瀬版】広告を掲載します

2021.10.19タウンニュース現太(げんた)の成長日記番外編

こんばんは。短時間でしたが何年かぶりに外へ飲み出掛けました。この楽しい感じを思い出しました・・・。w

 

タウンニュース紙【海老名・座間・綾瀬版】
広告を掲載します

【広告】10月22日発行のタウンニュース紙【海老名・座間・綾瀬版】にて「おひとり様終活支援プラン」を宣伝します。

事前に知っておくことは大切です。ご相談はお気軽に・・・




 

【番外編】

 

 

玄米を精米して 白米にしました

【写真】本日は籾から取り出した玄米を精米にして美味しい白米作りに挑戦しました。

自分で精米をする場合は玄米のはい芽や糠を残した栄養価の高い「5ぶ」「7ぶ」のぶつき精米も可能です。
今回は食べやすさと白さを優先して標準をチョイスしました。


 

 

 

 

【写真】私は精米することは初めての経験でしたので手順が不安でした。とは言ってもコイン精米機に通すだけです。

手順は至って簡単で写真の右下の投入口に玄米を入れて左側の取り出し口に受け取りの袋をセットしてあとはコインを入れるだけです。
今回は30キロ精米で400円でした。

 


 

 

 

 

【写真】ウイーンという比較的大きな作動音して白米がシャ―という音で出始めました。元々玄米が入っていた袋をセットして開口ペダルを踏むと精米後の開口部が開きお米が入る仕組みです。出てきた白米は温かいです。


 

 

 

【写真】最初覗いた時は見方が分からなかったのですがこちらの窓で精米前の玄米の残量が流れているのを確認することができます。


 

 

初めて精米したお米を食するが楽しみです

【写真】精米後の米糠をいただくことができます。
こちらは精米所の裏側で管理されており農協さんの窓口に声を掛けて対応してもらいました。

私が田植えから挑戦して稲を収穫したお米とかではないのですが初めてのことするプロセスがあると楽しみになりますね。

ちなみに早くに成熟する品種の稲を早稲(わせ)とよび遅くに収穫するのを晩生(おくて)とよびます。

 

 




 

ラブラドール・レトリーバー 現太の成長日記

埼玉県比企郡にて令和元年5月22日生まれのラブラドール・レトリーバーの雄犬です。2歳になりました。
令和元年の8月5日にししセレのスタッフの一員となりました。現太の体重は29.3kgなりました。(令和3年8月9日計測)

【写真】今日はお留守番でした。




 

カレンダー訓示は「大事なのは挑戦すること。挑戦し、たとえ失敗しても悔いる必要はない」です。

こちらは上原浩治氏のお言葉です。立ち止ってしまった時は次なる挑戦を考えています。

「シンプル・直葬プラン」209,000円(税込)はこちらをご覧ください


医療従事者の皆様 ありがとうございます 

私たちも感染防止に努めます

月別アーカイブ

ご葬儀相談窓口

24時間365日対応:[大和]046-289-2828

24時間365日対応:[横浜]045-811-2828

事前相談からお急ぎのご依頼まで何でもご相談下さい

お問い合わせ

事前相談

お急ぎの方へ

人形供養

安心の会

海洋葬

葬儀後の手続き

社内スタッフを紹介します

供花のお届け

ししくらセレモニー スタッフブログ

小さなお葬式 特約加盟店